『レディ・ウォーカーと海竜の島』文庫化のお知らせ
2012年にレジーナブックスより刊行された『レディ・ウォーカーと海竜の島』が文庫化されることになりました。2月に文庫化された『銀の娘は海竜に抱かれて』と同じ世界観で千年近く経過したあたりが舞台となります。

あらすじは公式サイトより引用しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

父親の罪のせいで、後ろ指を差されながらも 遺跡探索人として強く生きてきたセラ。そんな彼女のもとに遊び人と悪評高い、コルテス商会の次男坊、エレミオが訪ねてくる。――海竜の島に一緒に行ってほしい。竜の末裔である彼は、夢で誰かに“海竜の島に来い”と呼ばれ、その島の歴史の第一人者であるセラのもとへやって来たのだ。彼と度々ぶつかり合いつつも、旅をともにするうちに、なぜか国家間の戦争に巻き込まれていって―― 神秘の島と二つの大国をめぐるヒストリカル風ファンタジー!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

レジーナブックスでの刊行時から、『レディ・ウォーカーと海竜の島』だけで読んでも楽しめるようにという点に注意していたので、こちらだけでも楽しんでいただけるかと思います。
ヒロインであるセラの専門としているのが、銀の娘〜の舞台という設定なので、両方読んでくださっている方はあちこちでにやりとしていただけるんじゃないかなーと思います。

ちょいちょい細かい修正は入れましたが、今回大幅改稿は入っておりません。

帯も一新して、より鮮やかになってます。
どうぞよろしくお願いします。






小説家になろう連載中作品
後宮に売り飛ばされたら皇女を押しつけられました
破天荒皇女様と巻き込まれ体質の侍女のどたばた劇。基本コメディ、たまにシリアス
レディ・リズの冒険あるいは忠実なる執事の受難
盗まれた品を取り戻すべく、お嬢様が健闘中。お供は胃痛もちの執事。

野いちご連載中作品
生贄七人、流し雛
3月3日、雛祭りの日に一人ずつ少女が行方不明になっていく…そして、七人目が行方不明になったその年に起こった事件とは。

Posted by 雨宮れん at 19:55 | 書籍情報 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

Recent Entries

Categories

既刊一覧

Recommend

Archives

Recent Comments