『レディ・ウォーカーと海竜の島』出荷
『レディ・ウォーカーと海竜の島』の文庫版、10日に出荷されてました!

レディ・ウォーカーと海竜の島 (レジーナ文庫 レジーナブックス)

あらすじは公式サイトより引用しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

父親の罪のせいで、後ろ指を差されながらも 遺跡探索人として強く生きてきたセラ。そんな彼女のもとに遊び人と悪評高い、コルテス商会の次男坊、エレミオが訪ねてくる。――海竜の島に一緒に行ってほしい。竜の末裔である彼は、夢で誰かに“海竜の島に来い”と呼ばれ、その島の歴史の第一人者であるセラのもとへやって来たのだ。彼と度々ぶつかり合いつつも、旅をともにするうちに、なぜか国家間の戦争に巻き込まれていって―― 神秘の島と二つの大国をめぐるヒストリカル風ファンタジー!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「年内いっぱい来ちゃう? 来ちゃう?」みたいな感じでお誘い受けているので、本格的なオンノベ復帰は遠のきそうです。
もうしばらく、お待ちいただければと思います。夏くらいまでには何か書きたいなぁ。
もうちょっと余裕ができたら、過去書いた習作を上げるかもしれません。
どうぞよろしくお願いします。

 





小説家になろう連載中作品
後宮に売り飛ばされたら皇女を押しつけられました
破天荒皇女様と巻き込まれ体質の侍女のどたばた劇。基本コメディ、たまにシリアス
レディ・リズの冒険あるいは忠実なる執事の受難
盗まれた品を取り戻すべく、お嬢様が健闘中。お供は胃痛もちの執事。

野いちご連載中作品
生贄七人、流し雛
3月3日、雛祭りの日に一人ずつ少女が行方不明になっていく…そして、七人目が行方不明になったその年に起こった事件とは。

Posted by 雨宮れん at 16:36 | 書籍情報 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Profile

Recent Entries

Categories

既刊一覧

Recommend

Archives

Recent Comments